川辺仏壇 製造・販売・修復 川辺仏壇の製造・販売・修復に匠の技が光る。川辺仏壇専門店【仏壇の瑞光堂(ずいこうどう)】

トップページ » お仏壇の製作

お仏壇の製作

瑞光堂では、お客様の想いに答えうる様々な仏壇を製造・販売しております。
また、お仏間の改造も承ります。  
仕様・ご予算など、お客様のご要望をお伝えください。
ご一報いただければ、お仏間の寸法も測りにお伺いいたします。

瑞光堂の川辺仏壇の特徴

瑞光堂の川辺仏壇の特徴

 瑞光堂の川辺仏壇は、木地・彫刻・宮殿・金具・蒔絵・塗り・箔押し・組立ての、七部門すべての工程において、こだわりを持って製造しております。

 特に、当社の自社工場で行ってる下地は、伝統的な技法である「とのこ下地」を主要な部分に施し、また、上塗りは、天然本うるしをひとつひとつ丁寧に手塗りにて行っています。

 昨今、外国産の大量生産ものや化学塗料を使用した仏壇などを多く見受けるようにもなりましたが、瑞光堂の職人たちは、今でも頑固に伝統の技を守り、仏壇一つ一つに心を込めて製作にあたっています。

瑞光堂の伝統の技 トノコ下地
瑞光堂の伝統の技 天然本漆塗り

瑞光堂の川辺仏壇 製造過程

瑞光堂の川辺仏壇 製造過程
  1. koutei01木地木地
    素材は杉、ヒバ、ホオノ木等、厳選された木材を使用し、本体は分解・組立てが容易で、欄板から下部は雑巾摺り板で結合できる様配慮されています。
  2. 彫刻 彫刻彫刻
    素材は松・ヒノキ・ホオノ木等を使用し、図柄を選定して、ノミ・小刀で彫刻します。台木の取付けには接着剤を用いて竹串等で接合します。
  3. 宮殿 宮殿宮殿
    素材は、杉、ヒバ、ホオノ木等、厳選された木材を使用します。本組構造で柱と屋根を正確に保持できるのは川辺独特の技法です。
  4. 金具 金具金具
    素材は銅板または銅合金を使用し、図柄を鏨で手加工します。表面加工は着色し、金具取付用釘も同様の処理を施したものを使用します。
  5. 蒔絵 蒔絵蒔絵
    漆塗装した上に精製漆で下絵を描き、その上に純金粉天然青貝を用いて、すべて手書きで仕上げます。蒔絵には、平蒔絵と高蒔絵があります。
  6. 下地 下地下地
    下地にはニカワ下地を使用し、木地のやせを防止する為に胡粉を練り合わせ、ヘラ付けを重ねます。
  7. 上塗り 上塗り上塗り
    下地が完全に乾いてから、中塗りを施し、上塗りは天然漆を手塗りで塗り上げます。
  8. 金箔押し 金箔押し金箔押し
    漆塗装の一定期間乾燥された部分に箔押し漆を摺り込み、純金箔を箔押しします。彫刻・宮殿などの複雑な部分も丹念に箔押しします。
  9. 組立" 組立組立
    塗装、金箔押しなどが充分に乾いてから心を込めて慎重に組立て、川辺仏壇の完成です。

瑞光堂へのお問い合わせ

このページの先頭へ

 

Copy Right © 2009 お仏壇の瑞光堂. All Rights Reserved.